大阪でおすすめの外壁塗装会社BEST5
外壁塗装会社を施工力で比較!@大阪
大阪・北摂エリアで特におすすめの外壁塗装会社TOP3!

大阪北摂エリアでおすすめの外壁塗装会社をピックアップして紹介しています。施工力やアフターサービスの充実度、口コミで比較し、ランキングにまとめました。

大阪でおすすめの外壁塗装会社BEST5 » 外壁塗装で失敗しないために知っておきたいこと » 依頼する時期

依頼する時期

外壁塗装会社に依頼をする時期についてまとめています。

外壁塗装のタイミングは、10年がひとつの目安

家の壁は太陽の強い陽射しや雨風にいつも晒されているわけですから、当然傷んできます。しかし、しっかりとメンテナンスしていけばいつもきれいな状態を保つことができるのです。では外壁はいつメンテナンス(塗装)すれば良いのか?塗替えのタイミングや時期を見極めるのは素人ではなかなか難しいものです。

実際、外壁塗装会社の人が訪問販売でやってきて、塗替えを勧めることもよくあります。ちょっと、待って!全て業者の話を鵜呑みにしてしまってはいけませんよ。なかには悪徳業者もいますから。

ひとつの目安ですが、外壁塗装をするタイミングは新築から10年前後と言われています。もちろん外壁にヒビが入ったり、自然環境の厳しい場所ではそれより短い時期に外壁塗装が必要になってきます。

まずは10年を目処に、自分の家の外壁がどのような状態になっているか、プロの業者に頼む前に、自分で診断してみることをオススメします。

外壁の痛み具合をチェックする方法

まず、外壁の見た目をチェック。劣化が進んでいると汚れが酷くなっていたり、ヒビが入っていたりして見た目が極端に悪くなっているものです。

さらに以下のポイントが外壁に現れていないか、調べてみてください。

壁面を触ると手に白い粉が…

チョーキング画像

これはチョーキング現象と言って、太陽光線(紫外線)や雨風などに晒され続けてきた塗装の塗膜が分解されて表層劣化症状を引き起こしてしまうのです。こうなると耐候性や耐水性が著しく低下してしまいます。

 

ヒビ(クラック)が入って惨いことに…

クラック画像

専門用語でヒビはクラックといいます。外壁にヒビが入ったまま放置してしまうと、ひび割れた箇所から水が入ってしまい、カビや漏水の原因にもなってしまいます。

 

カビやコケ・藻が繁殖して汚い…

苔画像

古い建物の壁面によく見られますが、劣化した塗膜の表面にはカビやコケ・藻が繁殖することも。このままほ放っておいても見た目が悪いのはもちろんですが、下地の劣化を招いてしまいます。

 

コンクリートの外壁が剥がれ落ちる…

爆裂画像

これは爆裂といって、コンクリート内に雨水が侵入することで鉄筋が錆びて膨張して外壁のコンクリートを押し上げてしまう現象です。建物の強度低下やコンクリート片の落下にもつながってしまうので、早めの対策が必要になります。

この他にも塗膜の剥離や目地部やサッシ廻りのコーキングの劣化といった症状が見られたら、早めに外壁塗装会社に相談してください。

素材別でチェック!外壁塗装時期の目安

漆喰(しっくい)、レンガ、コンクリートなどなど、外壁は素材によって特徴が全く違います。それに伴い、外壁塗装の劣化具合も変わります。築10年前後で一度チェックすれば基本的には問題ありませんが、それでも不測の事態に備えるために、それぞれの壁材のメリットや特性を理解しておきましょう。そして、どのような状態になっていると劣化が進んでいるのかということを知るのももちろん重要です。

ここでは、そんな壁の特徴と劣化時の状態を紹介していきます。

コンクリート

セメントと砂、そして砂利を混ぜ合わせて作られたコンクリートは非常に頑丈です。それに加えて外壁塗装と組み合わせることで家はだいぶ強度が高くなります。しかし、外壁塗装が剥げ、防水能力がなくなると水が染み込んでしまい、一気にもろくなってしまいます。その結果、大規模な修繕が必要になるケースもあります。よって、外壁塗装時期は見誤らないようにしましょう。

劣化状況の目安としては、表面に砂利が浮き出ていたり、ひび割れていたり、雨水が染み込んで色が変化していた場合、早急な対策が必要になります。軽いひび割れ程度ならばまだ軽度ですが、ひび割れ箇所が増えると大規模なリフォームをしなければならない可能性があるのでご注意ください。

タイル

外壁材の中では一番お手軽なのが、タイルです。色落ちや劣化が少なく、見た目の変化がほとんどありません使用している外壁材によっては色合いが渋くなり、味わい深い見た目になるというのもタイルの特徴です。さらに、劣化しても張り替えればいいだけなのでコストも比較的安価なのもタイルのポイントです。

しかし、それでもやはりそれなりにコストは掛かるので外壁塗装を定期的に塗り替え、強度を保ちましょう。

タイルは外壁に貼り付けて使用しています。これは雨にも強いのでよほどのことがない限り剥がれません。しかし、経年劣化により接着力が失われると、タイルが浮き出てきます。劣化が進むと明らかに浮き出ているのがわかるので、早めに相談して補修を依頼しましょう。高所のタイルが剥がれ落ち、人に当たったら大怪我では済まない事態に発展する恐れがあります。

レンガ

レンガはメンテナンスの必要性がほぼない優れた外壁です。昔から使われているレンガは耐久性や耐候性、遮音性に耐熱・耐火性などあらゆる面で優れています。また、タイルのように剥離の心配もほとんどなく、年代物のレンガを使用しているだけで家の見た目の重厚感が増します。しかし、コストはタイルのほうが優れている他、家の外観を変えるのがタイルよりも難しいです。また、外壁塗装は可能ですが、上手く塗らないと見た目が一気に安っぽくなってしまうため、業者の腕前が大きく影響する外壁材としても知られています。外壁塗装時期を考える必要がないというのは大きなメリットですが、家の見た目を変えにくいというデメリットにもなります。

レンガそのものは劣化することがほとんどありません。しかし、レンガのつなぎ目に使われているシーリング材は劣化するため、定期的にメンテナンスをする必要があります。シーリング材は劣化するとひび割れてしまうため、そのひび割れから水が侵入する恐れがあります。

サイディング

多くの一般住宅で活躍しているのが、サイディングボードです。これは、既存のパネルを貼り合わせて外壁を作るため、施工時のコストは控えめであり、パネルの張り替えで家の見た目を変えることができるなど、メリットが多いです。さらに、サイディングには窯業系(レンガや陶磁器など)サイディングや金属系サイディングと言った種類があり、バリエーションが豊かなのも特徴です。

サイディングはお手軽にできる反面、メンテナンスが非常に重要な外壁です。外壁材であるサイディング、防水効果のある外壁塗装、そしてサイディング同士をつなぎ合わせるコーキング材の3つがあり、それぞれ寿命が微妙に異なります。よって、一度に3つのメンテナンスを行なおうとするとメンテナンス費用が大きくかさんでしまいます。外壁塗装時期、サイディングの寿命、そしてコーキング剤の寿命を把握し、正しいタイミングでメンテナンスを行なえるようにしましょう。

なお、窯業系サイディングの寿命は最高10年、金属系のサイディングの寿命はおよそ15年となっています。

定期的なチェックを忘れずに…

ここで紹介した外壁材は、数多くある外壁材のほんの一例です。他にもモルタルや漆喰など、外壁材は様々です。しかし、これら外壁材に共通していることは「定期的なチェックを怠らないように」ということです。基本的に、外壁材も外壁塗装も雨風に強く作られているので、10年単位で長持ちします。しかし、住んでいる場所の環境で大きく変動するため、必ずしも寿命通り長持ちするという保証はありません。

1年に1回ほど軽く家の壁を見て回り、劣化が進んでいないかどうか確認しましょう。こまめにチェックをすることで外壁の劣化にいち早く気づくことができ、家の状態をいつまでも最高に近い状態にキープすることができます。

 
ページの先頭へ
大阪でおすすめの外壁塗装会社BEST5