大阪でおすすめの外壁塗装会社BEST5
外壁塗装会社を施工力で比較!@大阪
大阪・北摂エリアで特におすすめの外壁塗装会社TOP3!

大阪北摂エリアでおすすめの外壁塗装会社をピックアップして紹介しています。施工力やアフターサービスの充実度、口コミで比較し、ランキングにまとめました。

大阪でおすすめの外壁塗装会社BEST5 » 外壁塗装で失敗しないために知っておきたいこと » 最大60万!大阪で屋根の改修をするなら耐震補助金で費用節約

最大60万!大阪で屋根の改修をするなら耐震補助金で費用節約

大阪にお住まいの住宅で、古くなった瓦が破損していたり、雨漏りするようになったりして屋根の改修をする場合、行政からの耐震補助金を利用して実質的な負担額を減らせるかもしれません。

大阪で耐震対策の屋根の改修に最大60万円の補助金

意外と知られていない事実ですが、屋根の改修だけをする場合でも耐震補助金の対象となるケースが少なくありません。

大阪の場合は、最大で60万円が補助されます。

 

屋根の改修で耐震補助金制度の対象となる条件

ただし、耐震のための改修であっても条件を満たさなければ補助金は出ません。

耐震補助金の対象となる主な条件は以下の通りです。

  • 昭和56年5月31日以前の建築であること
  • 耐震診断結果の総合評点が1.0未満であること
  • 改修によって総合評点が1.0以上となること
  • 市町村ごとの要件を満たすこと
  • 市町村民税の所得割りが30万4200円未満であること

大阪市では最大120万円!補助金額は所得によって異なる

基準となる補助金の額は40万円です。ただし、所得が月額21万4000円以下の場合は60万円となっています。また、この耐震補助は大阪府と国、府下の各市町村によるものであり、市町村ごとに補助金額が異なることがあります。

以下、一部の例をみてみましょう。

市町村 住宅耐震改修工事の最大補助金額
大阪市 100万円(自己負担額により20万円まで加算されるため実質最大120万円)
堺市 120万円
吹田市 70万円
島本町 70万円
千早赤阪村 40万円
さらに、補助の条件や手続きについても市町村ごとに細かな違いがあります。
利用する場合は、地域自治体の担当部署に確認・相談をしましょう。

参照元:大阪府補助制度

屋根の改修方法と補助金を受けるための注意点

屋根の改修にはいくつかの方法があります。また、どの方法であっても注意しておかないと補助金がもらえないケースがあります。

耐震補助金は屋根を軽くして耐震性を高めるための制度

耐震補助金は対象物件の耐震性を上げるための制度です。ということは、現況の屋根よりも軽量のものに葺き替えることになりますね。

つまり、軽量化されなかったり、反対に重くしたりする改修には補助の申請が受理されることはないでしょう。屋根の軽量化といえば、ガルバリウム鋼板が代表的です。日本瓦と比べて、面積あたりの重量が1/10にもなるといわれています。

また屋根の改修には、葺き替え以外にも塗り替えや重ね葺きといった手法がありますが、塗り替えは屋根そのものが替わるわけではなく、重ね葺きは既存の屋根の上に屋根材を追加するものです。

このような場合も、軽量化による耐震性の強化とはいえないので耐震補助金を活用した屋根の改修には向いていないといえます。

補助金の交付決定通知を待たないと助成金が支給されない!

先ほどご紹介した補助金の対象となる条件に「昭和56年5月31日以前の建築であること」とありますが、これは建築基準法改正前の耐震基準によって建てられた物件を指しています。旧基準時に新基準時並の耐震性をもたせている場合は考えにくく、古い建築は耐震性に劣ることからこのように設定されています。

反対に、この期日以降の建築であれば新耐震基準を満たすこととなり補助の必要性がないと判断されています。つまり、昭和56年5月31日以前の建築であれば審査の際の総合評点が低く、補助の対象になるだろうということが言えます。

ただし、その他の条件も含めて補助金支給の対象になるとしても焦って工事契約を締結してはいけません。なぜなら補助金申請の手続き上の要件として、契約締結よりも補助金の交付決定通知の受理が先になっているからです。

決定通知を待たずに契約してしまうと補助金がもらえなくなってしまうので、よく担当者に確認をしてから準備を進めることが重要です。

 
ページの先頭へ
大阪でおすすめの外壁塗装会社BEST5