大阪でおすすめの外壁塗装会社BEST5
外壁塗装会社を施工力で比較!@大阪
大阪・北摂エリアで特におすすめの外壁塗装会社TOP3!

大阪北摂エリアでおすすめの外壁塗装会社をピックアップして紹介しています。施工力やアフターサービスの充実度、口コミで比較し、ランキングにまとめました。

大阪でおすすめの外壁塗装会社BEST5 » 外壁塗装で失敗しないために知っておきたいこと » 塗装屋とペンキ屋は似ているようで全く違います

塗装屋とペンキ屋は似ているようで全く違います

塗装屋とペンキ屋の違いを見分ける

外壁塗装を依頼する際に、塗装屋、あるいはペンキ屋という単語を目にする機会は多いです。塗装屋とペンキ屋の2つは、一見同じような業者に見えますが、実際には少々ニュアンスが異なります。ここでは、そんな塗装屋とペンキ屋の違いを紹介していきます。

「ペンキ屋」の業務の幅

違いを知る前に、まず知っておくことがあります。

それが「簡易的な塗装をする人=ペンキ屋」ではないということです。ペンキ屋とは、いってしまえば塗装に関連するすべての業務のことです。そのため、ペンキ屋と一言でいっても業務の幅が非常に広いです。

例えば、塗装業者はもちろんのこと、塗装に使用する塗料を売っている人もペンキ屋といいますし、銭湯の壁にペンキを使って絵などを描く絵師もペンキ屋といいます。

我々が外壁塗装でお世話になるのは、いわゆる塗装屋であるペンキ屋です。しかし、この塗装屋も仕事内容によって大きく異なってきます。

  • ガン吹き塗装専門の「ガン屋」
  • 橋梁鉄骨専門の「コツ屋」
  • ビルやマンション専門の「野丁場」
  • 一軒家専門の「町屋」
  • お店やあるいは内装専門の「内装屋」

など、それぞれ異なります。これに加え、車の板金塗装をする業者も含めると、ペンキ屋と呼ばれる仕事は大量にあることがわかります。

これらのことからわかるように、「ペンキ屋」という表記の塗装業者には様々な業種に使われています。よって、家の外壁塗装をしてもらう場合は、そのペンキ屋が何を専門にしているのかを把握し、確認して依頼しましょう。

成分の違い

「ペンキ」と「塗料」の2つは、似て非なるものです。その違いは、成分です。

ペンキは、オイルペイント(OP、油性塗料ともいう)といって、植物油などで希釈し、使用されるものです。特徴としては安価であり施工性が高いのですが、それ以外のメリットがありません。耐候性に乏しいため雨ざらしになったり、日光にさらされ続けたりすると短期間で剥げ落ちてしまい、すぐに塗料がなくなってしまいます。さらに、匂いも強く外壁塗装に使われることはほぼありません。強いて使うというのであれば、演劇の大道具や簡易な看板といった、短期的に使うものや外の天気の影響を考えなくても良いものに使うことになります。

では、塗料はどうなのでしょうか。

塗料とは、いわゆる樹脂を使用しています。ウレタンやシリコン、アクリルといった合成樹脂はオイルペイントと比較すると効果ですが、耐候性に優れており、乾燥も早いので外壁塗装においては最も優れています。また、カラーバリエーションも豊富であり、中には透明塗料といって無色透明の外壁塗料も販売されています。

これら塗料は耐候性が強いため、基本的には10年以上長持ちするものもあります。

これら塗料もペンキも、ホームセンターで気軽に購入できます。しかし、外壁塗装を行なう場合は業者に依頼したほうが確実です。

近年ではDIYといって自分でやろうとする人も増えていますが、外壁塗装は専門性が高い作業であり、塗料があれば誰にでもできるというわけではありません。

確実に家の外壁塗装を行ないたいなら、業者に依頼しましょう。

屋号だけでペンキ屋を見分けることは難しい

ここで紹介したことからわかるように、塗装屋とペンキ屋、ペンキと塗料は異なります。

塗装屋とはペンキ屋というカテゴリーの一種であり、ペンキ屋とは塗装以外にも様々な塗料関係の業務の総称です。そのため、外壁塗装を依頼する場合は外壁塗装の仕事に対応しているかどうかの確認が必要になります。

そして、使っているペンキの確認も重要です。ペンキは芸癖塗装に適している塗料を使っているかどうかを確認しておきましょう。といっても、基本的に外壁塗装を承っている業者は塗料もきちんと外壁塗装用のものを揃えているので、どんな種類の塗料を使っているかの確認を重視しましょう。なお、塗料はどれがいいのか迷った場合はおすすめできるのがシリコンです。シリコン塗料は現在主流の塗料であり、価格と性能のバランスが良く、コストパフォーマンスに優れています。

他にも、金銭を気にせず性能を重視したいのならフッ素系塗料や、次世代系塗料として知られている光触媒塗料もおすすめです。こちらはどちらも15年以上の耐久性を誇ります。とくに光触媒塗料は太陽の力で汚れを浮かし、雨で洗い流すといった効果がある他、環境によっては20年近く使用することができます。しかし、認定施工店でしか使用できないため、光触媒塗料を使いたいのなら認定店を探して依頼しましょう。訪問販売等で提案されても本当の光触媒塗料家はわからないため、自分で探したほうが確実です。

 
ページの先頭へ
大阪でおすすめの外壁塗装会社BEST5